すぐわかる!家計管理の仕方

細かく家計簿をつけたり、我慢しての節約はなかなか長続きしないと思います。

 

お金の出入りをシンプルにして後は、ほったらかしにしたほうが後々楽になりますし、長続きします。

 

皆さんは口座をいくつお持ちですか?

 

ご夫婦で暮らしている方やお子さんのいる方など条件は様々かと思いますが、私が考える理想は

 

・夫婦で3口座+お子さんの人数分の口座

 

になります。

 

夫婦の3口座は

①使う口座

②ためる口座

③増やす口座

 

④+αお子さんの口座は基本は子供手当の貯蓄に使用します。

 

知っておきたいお金の話でも記載しておりますが子供手当は大学の教育資金に当てるのが理想です。

 

子供手当だけでは大学入学から卒業までの資金には足りませんが、全額受け取った際におよそ3分の1程度まかなうことができます。

 

①使う口座 給与や生活費などの入出金はこの中で完結

 

普段使うお金に関してはこの口座で完結するのがいいですね。

給与振込やクレジットカード、光熱費の引き落としなど「お金が動く口座」として使用します。

口座に残しておく金額の上限としては生活費の1.5倍とします。

夫婦で給与振込が口座が別々の場合が多いと思いますがその場合はどちらかの口座を使う口座、ためる口座にわけるようにしましょう。

 

②ためる口座 先を見据えたお金を残す

 

生活費とはまた別で病気や失業等不足の事態に備えて貯めておく口座になります。

ライフプランの立て方でもお話ししましたがある程度いつどのタイミングでどのくらいの金額が出ていくのかがあらかじめわかっていればいくらいれて置けばいいかはご想像できるかと思います。

一般的には1年もしくは2年分の手取月収を目安に貯めていきましょう。

 

③増やす口座 黙って口座にいれていてもお金は増えない

 

①、②の口座が安定してきたら増やすことを意識してみましょう。

詳しくは別のページで書きますが証券会社での資産運用や個人型年金に加入し税金対策を行います。

支出は簡単に増やすことはできますが収入は簡単には増えてくれません。

ですので③の運用が大事になります。

 

ぜひトライしてみてください!!


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA